保険診療と
自由診療(自費診療)の
違いとは?

value
いろどり歯科・こども歯科室では、治療前に患者さま一人ひとりのご要望、
ご意見をしっかりとお聞きした上で
患者さまにとって最適な治療プランをご提案いたします。
ご希望の内容が保険治療の範囲で対応できない場合は、自由診療での治療法もご案内しております。
「保険の範囲内で出来る限りの治療を」
「保険・自費は問わないので最良の治療を」「治療費を抑えたい」など
ご要望があれば何でもお気軽にお聞かせください。
  • 保険診療とは
    国が定めた材料や治療方法の範囲内で行う治療で、診療内容が同じであれば他医院と費用に差はなく、日本全国同一料金です。
    虫歯や歯周病などの治療は可能な限り保険診療を行いますが、保険適用で行えない場合もありますのでご了承ください。
  • 自由診療とは
    自由診療(保険外診療・自費診療)とは保険診療適用外の様々な材料、技術を使う治療のことをいいます。
    保険診療のような制限がないため目的に合った最適な材料や治療技術を使うことができ、機能性・審美性を重視できます。

PRICELIST プライスリスト

※価格は税抜きです

インレー(詰め物)・
クラウン(被せ物)

インレー(詰め物)
セラミックインレー
セラミック(陶器)の詰め物です。見た目が美しく審美性に優れていて、ほとんど変色しません。汚れ(プラーク)が付着しづらく、金属アレルギーの心配もありません。

オールセラミック

インレー
35,000〜50,000円
(詰め物の大きさ、形によって)
アンレー
60,000円
ゴールドインレー
金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を用いた詰め物です。柔軟性がある金属なので噛み合う歯を傷めず、歯や歯茎の変色もありません。また、汚れや雑菌が付着しにくく衛生的です。

ハイブリッドセラミック

52,000円

※インレーとアンレーについて
初期虫歯で詰め物の範囲が少ない場合はインレー、進行虫歯でかみ合わせの部分全体を補う場合がアンレーとなります。
クラウン(被せ物)
メタルセラミッククラウン
内側は金属(メタル)で、外側はセラミックで構成されたクラウンです。金属を使用するのでメタルフリーではありませんが、割れにくく、強度や耐久性に優れます。

メタルセラミッククラウン

85,000円

オールセラミッククラウン
メタルフリーなので金属アレルギーの心配もなく、体に優しく生体親和性に優れています。水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を長年維持できて、前歯にもおすすめです。

オールセラミッククラウン

85,000円

ジルコニアクラウン
人工ダイヤモンドとも言われるジルコニアを使用します。強度が高く、セラミックの中でも特に優れた素材です。金属を一切使用しないため、歯肉の変色・金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニアクラウン

90,000円

コア(被せ物の土台)
ファイバーコア
ファイバーの材質と本数に制限がある保険適応の土台と比較し、より残っている歯の状態に適した材質と本数で土台を立てられるため、土台が折れたり抜けたりするリスクが少なくなります。

ファイバーコア

10,000円

※価格は税抜きです

ホワイトニング

ホームホワイトニング
ご自宅で自分のペースで気軽に行えます。最初に歯科医院であなたの歯列にあった専用のカスタムトレーをお作りし、ご自宅での正しい使用法をお教えします。定期的な使用で、より効果を維持できます。

ホームホワイトニング

25,000円

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を
支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。
歯の自由診療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になる場合があるので
医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると
医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)=
支払った医療費の額 ー 保険金などで補てんされた額10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
医療費控除額90万円10万円=80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~330万円以下 20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~695万円以下 30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~900万円以下 33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~1800万円以下 43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

*

※タップで拡大

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

ページの先頭へ戻る